カテゴリー別アーカイブ: 外遊び

musical chairs

今日のテーマはmusical chairs(ミュージカl チェアs)さていったい何のことでしょう?

正解はイス取りゲーム♪誰でも一度はやった事ありますよね

それじゃ英語で「イスとりゲームしよう」と言ってみましょう♪

Let’s play musical chairs!(レッ プレイ ミュージカl チェアs)

シャボン玉

今日のテーマはシャボン玉♪日本語だととってもかわいい名前なんだけど、英語では泡…bubble(バボl)って言います。特別にあの丸い虹色に光る泡をさす言葉は無いらしいです…残念…。

子ども達はシャボン玉作るの好きですよね~♪私も好きですけど(笑)

私はよくハチミツを入れたりします♪

では英語で「シャボン玉遊びしようよ(作ろうよ)」と言ってみましょう♪

言えましたか?答えは
“Let’s blow bubbles!”(レッツ ブロウ バボルz!)
です。

freeze tag

freeze tag(フリーズ タグ)なんのことだと思いますか?Tagは鬼ごっこ。。。freeze は凍結って意味だから……

そう、氷鬼のことです。皆さんも子どもの頃、一度はやったことありますよね?やり方は日本と同じです。鬼に触られると、固まってしまって動けなくなって、鬼以外の人に触られるとまた動けるようになります。

鬼が全員を固めてしまったら、鬼の勝ち、鬼を交代します。

鬼のグループとそうじゃないグループに分かれてやると楽しいですよね。小学校の頃、学校の校庭にあった大きな滑り台で友達と暗くなるまで氷鬼して遊んだ事を思い出します。懐かしいなあ~☆

hide-and-seek

今日のテーマはかくれんぼ。英語ではhide-and-seek(ハイド エンド シーク)聞こえたまんまをカタカナで書くとしたらハイエンシークが近いかな…。
かくれんぼしようは Let’s play hide-and-seek!(レツ プレイ ハイエンシーク)

夫が言うにはHide-and-seekのルールは地域によって違うらしいんだけど,ここでは夫と娘がいつも遊んでいるやり方を紹介。

1 鬼役の人が目をつぶって10まで数え,その間にかくれます。

2 鬼役は10まで数えたら「Ready or not here I come」(レディ オア ナッ ヒア アイ カム){意味:準備できたかどうか知らないけど,いくよ~}と言って探し始めます。

3 隠れる役の人が鬼にタッチされずに陣地(さっき鬼が10数えていた場所)つくとかくれる役の人の勝ち。鬼に見つかってタッチされると鬼役の人の勝ち。

夫は日本式の「もーいいかい」「まーだだよ」は「声でいる場所がわかってしまうからかくれんぼじゃない」とか言ってます。そんなことないですよね!

今日は子どもと一緒に
Let’s play hide-and-seek!